1000円から米国株に投資ができる!初心者にはPayPay証券がおすすめ!

はじめは少額で気軽に投資をやってみたいな〜

投資を初めてみたいけど、最初から何十万円も買うのって少しハードル高いですよね。。。

そんな理由で日本株、米国株を始めるタイミングがどんどん遅くなってる人はいませんか?(僕です)

今回は日本株、米国株投資を初めてみたいけど1歩が踏み出せない方にPayPay証券をご紹介します!

🔻PayPay証券を今すぐチェック!🔻

PayPay証券 米国株 日本株について | スマホ証券 PayPay証券
スマホ証券 PayPay証券 日本初!3タップで株の売買ができる証券取引アプリPayPay証券。1,000円で大企業の株主に。資産運用

PayPay証券(One Tap BUY)とは

PayPay証券とはソフトバンク系列の子会社が運営している証券会社です。 「One Tap BUY」の名称で営業していましたが、2021年2月1日から「PayPay証券」になりました。

スマートフォン特化型の操作しやすい証券で、初心者の方や若年層の投資家に人気があります。 利用者の約7割が未経験者。初心者でも安心して、株式投資をはじめられます。

PayPay証券の最大の特徴が「1000円から投資できる」ところです。 通常の証券会社では株を購入するには100株からの購入になります。

そのため必要資金が数十万円、数百万円と必要になり投資を気軽に始められる金額ではありません。 PayPay証券は1000円から投資ができるので、自分のお小遣いの範囲で無理なく投資を始めることができます。

投資は最初必ずと言っていいほど負けてしまいます。 負けて経験を積んで儲けられるようになっていきます。

最初の負け金額を小さく抑えられる点においてPayPay証券はこれから投資を始める方の強い見方になってくれると思います。

いとちゃん
いとちゃん
実践あるのみ!でも、怪我は小さくするために少額からスタート!

PayPay証券のメリット

ではPayPay証券のメリットを見ていきましょう。

①1000円から投資を始められる
②米株にも投資できる
③IPOに1株から投資できる
④アプリで投資の基礎を学べる

①1000円から気軽に投資を始められる!

前述しましたが、通常100株(数十万円)からしか購入ができないのですが、PayPay証券を使えば1000円から投資ができます。

例えば1万円で1000円分10銘柄購入することも可能です

1万円を分散した例

1株から株を購入できるサービスは他にもあるのですが、

例えばユニクロ(ファーストリテイリング)は1株でも約9万円してしまいます。

9万円となると投資に慣れる前に、試しに買ってみるにはハードルが高い金額だと思います。

その点、PayPay証券なら1株:9万円のユニクロも1000円から投資できます!

いとちゃん
いとちゃん
もちろん保有株数に応じて配当や優待ももらえます

②米株にも投資できる

人気の米国株にも1000円から投資できる

日本株はもちろん、近年人気の高い米国株へも1000円から投資することができます。

米国株の中でも人気の高い、超有名企業134銘柄へ投資が可能です!

米国株が人気の理由はいくつかありますが特に人気の理由は株主還元が手厚いことです。

・高配当 ・増配 ・自社株買い

またNYダウやS&P500といった指数が最高値を更新し続けているのも人気の理由です。

このような理由から米国株投資を始める人が増えています。

アップル
アメリカン航空
エアービーアンドビー
アドビシステムズ
アマゾンドットコム
バンク・オブ・アメリカ
コストコ・ホールセール
セールスフォース・ドットコム
デルタ航空
ドミノ・ピザ
フェイスブック
アルファベット
ゴールドマンサックス
JPモルガン・チェース
IBM
インテル
コカ・コーラ
マクドナルド
マイクロソフト
ナイキ
テスラ
VISA….など134銘柄銘柄に投資ができます

アメリカの超有名企業がたくさんありますね。 ディズニーやコカコーラ、アップルの株主に1000円から投資ができます。

いとちゃん
いとちゃん
僕はPayPay証券で米国株デビューしました!今後は投資報告もブログでしていきますのでお楽しみに!

③IPOに1株から投資ができる

PayPay証券の「誰でもIPO!」は

新規上場株式(IPO)を1株から1株単位で100株(1単元)まで、購入申し込みができます。

そもそもIPOって?

IPO(Initial Public Offering)とは、新規株式公開と呼ばれ、未上場の企業が上場して新たに株式を公開することを言います。 IPOは公募価格(上場前に設定される株価)よりも初値(上場日に最初につく株価)が高くつくこともあり、上場後の株価の値上がりを期待する投資家もいます。直近10年間で初値が公募価格を上回った銘柄数は新規公開した銘柄のうち79%にもなります。(PayPay証券HPより引用)

IPOに当選すると値上がりが期待できることが多いため、多くの方が抽選に参加されます。一部では「無料の宝くじ」なんていう方もいるとか…(もちろん初値が安くつく可能性もあるので注意が必要)

④アプリで投資の勉強ができる

PayPay証券のアプリでは漫画で投資を学べます!

PayPatアプリの無料投資マンガ

さらに、アメリカ企業の「テスラ」「Facebook」「アップル」「アルファベット」「ディズニー」「ナイキ」などのヒストリーも漫画で読むことができます!

PayPay証券のアプリで米国企業のヒストリー漫画が読める

投資は難しいイメージがあるので漫画で学ぶことができるのは有難いですね!

これから投資を始める方はもちろん、米国株投資を考えている人は漫画でアメリカの有名企業のヒストリーを学んでみましょう!

いとちゃん
いとちゃん
マクドナルドの話が面白かったです🍔

デメリット

PayPay証券のデメリットについてみていきましょう。

①銘柄数が限られている

上場している日本株は2021年5月現在、約3800社あります。

PayPay証券で扱っている日本株は〇〇社なので、

投資をガッツリやりたい方には物足りないと思います。

逆に時価総額の大きな優良企業に絞ってくれていると思えば、

自分で銘柄を決められない方にとってはメリットになるかもしれません(^^)

②チャートが見にくい

僕が普段使っている楽天証券やマネックス証券と比べると、

チャートなどを細かく見ることには向いていません。

初心者向けのシンプルなUIになっているため、

投資をガッツリやりたい方にはこちらも物足りないと思います。

③取引手数料が少し分かりにくい

PayPay証券における米国株の手数料は情報配信ベンダーを通じて配信される直近の気配値または市場価格を参考に、合理的かつ適正な方法で「基準価格」を算出し、その「基準価格」に0.5%または0.7%を乗じた手数料の二通り存在します。

① 下記時間帯におけるスプレッドは、「基準価格」に0.5%を乗じた価格とします。 ・現地時間  9:30 ~ 16:00 ※日本時間 23:30 ~ 6:00 (夏時間:22:30 ~ 5:00)
② ①以外の時間帯におけるスプレッドは、「基準価格」に0.7%を乗じた価格とします。

他の証券会社と比較してみましょう。

ネット証券大手のマネックス証券の手数料は約定代金の0.45%です。

米国市場が開いている時間に10万円分購入した場合のPayPay証券の手数料は500円。 マネックス証券では450円

50円の差があります。

約定回数や金額が多くなりそうな人は注意が必要かもしれませんね。

いとちゃん
いとちゃん
投資を始める際は手数料や信託報酬なども考慮しましょう

まとめ

今回はPayPay証券のメリット・デメリットについてお話してきました。

また、PayPay証券の口座は「特定口座(源泉徴収あり)」なので確定申告がいらないのも楽ですね。

米国株を少額から初めてみたい人
お小遣いの範囲で投資をしたい人
投資の練習をしたい人
値嵩株を購入したい人

このような人はぜひPayPay証券を口座開設してみてください。

投資を始めてみたいけど、損しそうで怖い…と思っている人はPayPay証券で少額から投資を初めてみてはどうでしょうか? PayPay証券で投資に慣れたら他の他の証券口座を使って100株単位でガッツリ株を購入していくのもいいと思います。

投資を始めるのは早ければ早いほど有利になります。

ぜひこの機会に資産運用の一歩を踏み出してみましょう。

🔻PayPay証券の口座開設はこちら🔻

PayPay証券 米国株 日本株について | スマホ証券 PayPay証券
スマホ証券 PayPay証券 日本初!3タップで株の売買ができる証券取引アプリPayPay証券。1,000円で大企業の株主に。資産運用

 
タイトルとURLをコピーしました